2019年6月10日月曜日

解体現場から井戸

尾張旭市の家屋を解体しました。
築30年の中古住宅です。今回は解体更地渡しで売却なので5月末から解体工事に入っていました。
2日目くらいに井戸が出てきてビックリ!!
6mの奥深く井戸が続いていました。
今回は河砂を入れ塞ぎましたが、この所有者が新築で購入した30年前には井戸があることも説明なしで購入したことが分かり、またまたビックリ!!
井戸の中には河砂も入っていなかったので井戸が開いたままその上に基礎工事をして造ったことも分かり危なかったと施主さんも驚いていました。
今は説明義務もあり、こんなことは無いと思いますが、今は建築現場が忙しく、手を抜く業者がいないとも限りません。
みなさん、お気をつけください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

オンラインサロン開始しました

去年の夏からオンラインサロンのシステム構築をしてきました。あれから1年… やっとサロンが開始出来る状況になりました。 この頃はSNSでInstagramやFacebookで発信しているため ホームページのこのプログも見て頂いてないかとも 思ったのですが、なんと住宅メーカー様や不動...