2013年3月16日土曜日

昔昔・・・

もう25年くらい前に、横浜の実家にかえっていた時、東神奈川の駅からお坊さんが磯子線に
乗ってきました。

私と息子と旦那さんと座っていたその席の前に来て「この子はいい子だ。」と言い
電車の中で息子の前で突然経文を唱え始めました。
息子はまだ3歳くらいでしたが、おとなしくずーっとその経文を聞き、
私は周りの乗客の視線が気になり、
旦那さんは知らん顔。
まるで身内でないような顔で・・・

しばらく経文を読んだら息子の頭を撫で、次の駅で降りて行かれました。
その時は急な展開で頭がぼーっとしていて、あれ?という感覚で、旦那さんと顔を見合わせて
いただけなのでしたが・・・

その後、今28歳の息子が 「一人で家で待っていた小学校の時代、自転車に乗っていた時
2回も車にぶつかった。」 とか、(私は今知ったわ!!(・・;)

受験の前の夏、はらわたがえぐるように痛い胆石になって救急病院に行き、
医者に 「受験前に胆石の手術しないとダメだ!」 と言われたのに、サンクロンという薬を飲んで
次にみてもらった総合病院で 「どこに石あるの?」 と言われ救急病院で撮った石のレントゲンを
みせてやっと信じてもらったり・・・
結局胆石は勝手に治ってしまいました。

今、何気に、あのお坊さんは息子の厄を持って行かれたんだな・・・と、この頃ちょくちょく思い始めています。あのお坊さん、本当に実在したのかしらん???
たった一駅だけ乗ってきたあのお坊さん・・・

幸せに平凡に暮らせることに感謝して・・・
今日もお仕事がんばるぞ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

オンラインサロン開始しました

去年の夏からオンラインサロンのシステム構築をしてきました。あれから1年… やっとサロンが開始出来る状況になりました。 この頃はSNSでInstagramやFacebookで発信しているため ホームページのこのプログも見て頂いてないかとも 思ったのですが、なんと住宅メーカー様や不動...